看護学生

国家試験の勉強に音楽ってどうなの?

こんにちは。ライターのムラカミです。😁

今回は勉強中に音楽を聴くメリットデメリットについて紹介します。

メリット

リラックスして勉強できる

好きな音楽を聴いてリラックスすることで、ストレス少なく勉強することができます。

テンションを上げることができる

勉強って嫌ですよね?

そんな嫌な気持ちを変えてテンションを上げて、勉強に向かうことができます。

周囲が気にならない

イヤフォンを使って音楽を聴くことで、周りの環境から自分を切り離せます

そのため、どんな環境でも自分のペースに入ることができます。

デメリット

勉強に集中できない

あまりにお気に入りの曲すぎると、勉強よりもそちらに頭がいってしまい勉強に集中できない可能性があります。

音楽がないと勉強できなくなる

常に音楽がある環境で勉強をしていることで、その環境に慣れてしまい音楽がないと集中できなくなる可能性があります。

たまにはあえて音楽のない環境で勉強してみるといいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしょうか?

国家試験の勉強は範囲も広いですし、長期間の学習を続けなくてはいけません。

そのためたまに気分転換に音楽を聴きながら勉強をしてみるといいかもしれません。

その際には、聴き慣れている音楽の方が気にならなくていいみたいですね。

勉強方法は様々ですし、人によって向き不向きはありますし是非一度試してみてください。

ちなみに私は学生時代いつもテンションを上げるために音楽を聴きながら勉強をしてました。笑

質問や意見等ありましたらコメントにてお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください