就職

看護学生必見!! 看護師の二交代と三交代って何?

こんにちは。ライターの村上です😁

今回は看護師の世界でよく聞く交代交代の違いについて簡単にお伝えしようと思います!

 まずは二交代から!

1日を日勤夜勤に分けて労働をすることです。

私の場合ですが日勤8:30~18:30まで(休憩2時間)で労働時間は8時間です。

夜勤17:00~9:00まで(休憩2時間)で労働時間は14時間です。

メリット

①シフトが日勤、夜勤の二つで構成されているため予定が組みやすい

病院にもよりますが比較的連休がとりやすくなっていることが多いようです。

夜勤の次の日は休みになるので月の休みが多くなる。

私の場合、今日夜勤だと明日の9:00で仕事が終わり。明日の9:00以降と明後日は休みとなります。

夜勤手当が支給されるため給料アップにつながる!

ほぼ全ての病院で夜勤を一回するごとに1万円前後の手当がつくため給料アップに繋がりますね!

デメリット

①夜勤の拘束時間が長い

二交代の夜勤は長く、私の場合休憩も入れると16時間病院にいる計算になります。

病院で仮眠をとることになる。

二交代の夜勤は長いため病院で仮眠をとります。

しかし繊細な人は病院で寝るということができず、一睡もせずに朝を迎えるなんてこともあります。一睡もせずに16時間働くのはしんどいですね。。

体調を壊しやすい

夜勤中は仮眠できることはあっても2~3時間すると起きて業務に戻らないといけません。となると睡眠時間が不足し業務が終わって家に帰って寝るなんてこともあります。そんなことを繰り返していると日勤前日なのになかなか寝れない肌荒れ昼夜逆転などに繋がります。

 

三交代とは

1日を日勤準夜深夜に分けて労働をすることです。

例えば日勤8:30~17:00準夜16:30~24:30深夜24:00~9:00といった感じです。

全て労働時間は8時間です。

メリット

①夜勤の負担が少ない

夜勤が準夜・深夜に分けられているため一回の負担が少なくなります。

②次の休みがすぐに来る

三交代は8時間働けば必ず16時間は休みがあるため体力に自信がない方でも、勤務しやすいと言えるでしょう。

デメリット

出勤が多くなる

三交代では夜勤が深夜と準夜に分かれている分、二交代と比べると労働時間は変わらずとも夜勤の回数が倍になります。二交代と比べてまるまる一日休みの回数が少なくなるとも言えるでしょう。

連休が取りにくい

三交代は勤務が3つあるため、2つの二交代よりも連休が取りにくくなっている病院が多いようです。(取れないというわけではありません

体調管理の難しさ。

二交代でもでデメリットに挙げましたが、三交代の方が体調管理が難しいかも

日勤・準夜・深夜と3つのシフトに合わせて生活を変えていかないといけないため、睡眠不足になる方もいらっしゃるようです。

 

まとめ

簡単ではありますが以上が二交代と三交代のメリット、デメリットでした!

ちなみに私は二交代の病院にしか勤めたことがありません。笑

自分にあった勤務形態を考える参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんなメリット、デメリットもあるんじゃない?、ちょっと分かり難かったなどといった感想あればぜひコメントをお願いします!

それでは今日も一日お疲れ様でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください