看護学生

[看護師国家試験前]レビューブックで時間無駄にしてるかも

初めに

国家試験前の看護学生必須アイテム

レビューブック

皆さん使ってますよね??

もちろん私も学生時代使用していました。

しかし、レビューブックの活用方法で国家試験前の貴重な時間を失っているのかもしれません。

どういうこと?  と思ったあなたは、ぜひ最後まで読んでください。

レビューブックは分厚くすべき?

あなたは国家試験前の今どのように勉強をしていますか?

  • レビューブックを読み込む
  • 過去問・模試を解いて分からないところを復習
  • 苦手教科の補強など

人によって合う合わないがあるため勉強の仕方はさまざまでしょう。

しかし、講師や同期からこんなことを言われたことがありませんか?

レビューブックは分厚くすべき

画像のように書き込んだり付箋を貼ったりして分厚くしたレビューブック

これって意味あるのでしょうか?

レビューブックを分厚くする理由

私が思うレビューブックを分厚くする理由は一つだけ。

精神状態を安定させるためです。

勉強は終わりがなく、自分の行っていることが形として現れにくいものです。

そんなことを数ヶ月も続けていると、精神が不安定になってくることでしょう。

そんな時に分厚くしたレビューブックを見ることで、『自分はこれだけ頑張っているんだ』と思うことができ精神状態を保つことができます。

画像で見てみると、右のレビューブックの方が分厚くて『勉強している雰囲気』がありますね。

あなたは大丈夫?レビューブックの落とし穴

厚くして使い込むほど『勉強している雰囲気』が出るレビューブックですが、大きな落とし穴があります。

それは、国家試験のための勉強レビューブックを分厚くするための勉強になってしまうことです。

国家試験問題を解くわけでも・模試に取り組むわけでもなく、自分を安心させるためにただレビューブックに追加の情報を書き込むだけ・・・

これは全く意味のない行為です

そんなことをしている暇があるなら、一問でも多く過去問を解きましょう

レビューブックの厚さ≠勉強量を忘れないでください。

わからない問題は携帯で調べよう!

過去問でわからなかったことをレビューブックで調べて解決するために分厚くしているという人もいるでしょう。

しかし、そんな方に伝えておきます。

書き込んだページを国家試験期間中に使うのはせいぜい1、2回。

よほど頻繁に出題される問題でない限り、あなたが書き込んだページを何度も使うことはありません。

また頻繁に出てくる問題ならば、解いているうちに覚えてしまいますよね?

その1、2回のために書き込むのって勿体無くないですか?

今の時代わからなかった問題をネットで検索すれば、解説なんていくらでも出てきます

いちいちレビューブックを開くよりもよっぽど効率的です。

まとめ

わからない問題はネットで解説を見つけよう。

これが今回私が皆さんに伝えたいことです。

レビューブックに書き込んだり付箋を貼ったりする効率の悪い学習方法ではなく、インターネットを使った効率の良い学習方法を身につけてください。

過去にもレビューブックに関した記事を作成していますのでぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問等ありましたらコメントにてお願いします。

皆さんが看護師国家試験に合格することを願ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください