看護師

認定看護師と専門看護師の違い

あなた

認定看護師と専門看護師のどっちを取ろうか迷ってるし、違いがわからない。。。

今回は、みなさん気になっている専門看護師認定看護師の違いについて紹介していこうと思います。

どちらの資格も看護師のある分野における専門家ともいえる資格です。どちらの資格が自分に向いているか考えながら読んでいっていただくと幸いです。

資格取得方法について

専門看護師

認定看護師

資格方法・資格取得条件など記載しております。気になる方はこちらから

専門看護師に求められること

看護・特定分野全体の専門家

資格取得後、患者さんの看護だけでなく、そのご家族や地域と連携していきます。実践のほかに、教育・相談・倫理調整・研究の役割も担っているため幅広い看護師としてのケアができます。

現場の人材育成にも関わるようになるので看護分野全般の専門家といえるでしょう。

認定看護師に求められること

医療現場においての専門家

相談、指導、実践などの役割を担うようになります。指導や看護に関わるスタッフの管理もおこなうので、看護の現場における専門です。

専門看護師と認定看護師の共通点

専門看護師も認定看護師も、公益社団法人日本看護協会で認定された看護資格です。

認定看護師と専門看護師は高い知識と技術を持ち、看護の現場を向上させる資格です。

資格取得までは時間もかかりますが、どちらも取得後仕事の幅は大きく広がります。

専門看護師の方が担う役割範囲が広い

専門看護師に求められる役割は認定看護師より多いです。

認定看護師

相談:看護という仕事に従事する人に対するコンサルテーション
指導:看護実践を通して後輩の看護師に指導・教育をおこなう
実践:熟練した看護技術を持ち、高い水準の看護ケアができる

専門看護師

相談:看護という仕事に従事する人に対する相談
実践:熟練した看護技術を持ち、高い水準の看護ケアができる
教育:看護従事者に対し、技術向上を目的とした教育的役割を果たす
調整:必要なケアを円滑におこなうために保健医療福祉に関わる人員のコーディネートをおこなう
倫理調整:患者さんやその家族の権利を守るために倫理的な問題や葛藤の解決を図る
研究:専門知識や技術を向上させるために研究活動をおこなう

専門看護師・認定看護師の特定分野について

専門看護師

ガン看護
精神看護
地域看護
老人看護
小児看護
母性看護
慢性疾患看護
急性・重症患者看護
感染症看護
家族支援
在宅看護
遺伝看護
災害看護

認定看護師

救急看護
皮膚・排泄ケア
集中ケア
緩和ケア
がん化学療法看護
がん性疼痛看護
訪問看護
感染管理
糖尿病看護
不妊症看護
新生児集中ケア
透析看護
手術看護
乳がん看護
摂食・嚥下障害看護
小児救急看護
認知症看護

脳卒中リハビリテーション看護
がん放射線療法看護
慢性呼吸器疾患看護
慢性心不全看護

専門看護師は認定看護師より資格の難易度が高い

専門看護師と認定看護師は、どちらも資格取得の前提条件として看護師資格と5年以上の実務研修(そのうち3年以上は専門分野での実務)が必要になります。

くわえて、所定の教育機関で教育を受け、認定試験に合格しなければなりません。

認定看護師の教育機関は6カ月、専門看護師は看護系大学大学院にて2年間で38単位の取得が認定試験を受けられる条件

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください