看護師

専門看護師の種類と取得方法

あなた

専門看護師になりたいけど、自分あった分野とか種類とか取り方がわからない!

今回は、気になっている専門看護師の取得方法や種類をご紹介していきます

専門看護師とは

専門看護師((CNS : Certified Nurse Specialist)制度は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師を社会に送り出すことにより、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的

日本看護協会ホームページ

専門看護師の資格を取得できると、患者さんの看護だけでなく、そのご家族や地域と連携して幅広いケアがおこなえます。

医療現場の人材育成や調整などにも関わることができます

専門看護師の6つの役割

1)実践
個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。

2)相談
看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。

3)調整
必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。

4)倫理調整
個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る。

5)教育
看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。

6)研究
専門知識及び技術の向上ならびに開発を図るために実践の場における研究活動を行う。

日本看護協会ホームページ

専門看護師として実践、相談の他に看護分野の調整、教育、研究などその分野を極めたい方におすすめです。

専門看護師になる方法

専門看護師になるためには、3つの条件があります。その3つが以下になります。

1)日本国の看護師免許を有すること。
2)看護系大学院修士課程修了者で、日本看護協系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位 (総計26単位または38単位)を取得していること。
3)実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上が専門看護分野の実務研修であること。

専門看護師になるには大学院に2年間通うことが必須条件となっています。

看護師として就業する前に大学院へ通学していない場合は、今の職場を休職もしくは退職して大学院へ通学する必要があります。

専門看護師の専門分野(13分野)

専門分野として特定されている分野は、以下の13分野になります。

ガン看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護
感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護

専門看護師になるには、まずこの13分野から専攻する分野を選びます。
この専門分野での実務経験が3年以上必要になります。
各専門分野でどのようなカリキュラムで実務研修を行うかは、詳細は公開されていません。

専門看護師は認定看護師より取得困難?

個人の考えですが、

専門看護師と認定看護師はどちらも資格取得の前提条件として看護師資格と5年以上の実務研修(そのうち3年以上は専門分野での実務)が必要です。

くわえて、所定の教育機関で教育を受け、認定試験に合格しなければなりません。

認定看護師の教育機関は、6カ月

専門看護師は、看護系大学大学院にて2年間で38単位の取得が認定試験を受けられる条件

以上のことから、専門看護師の方が認定看護師より資格取得の難易度は高いと思います

専門看護師取得後の業務分野

専門看護師になると、「調整」「倫理調整」「研究」という役割が増えます。

調整

ケアに関わる人へのコーディネート

倫理

患者様やその家族の権利を守るための倫理的な問題などを解決すること

研究

専門分野についての深堀や調査などでの研究

研究活動や研修も業務の一環となるため、現場のリーダーとして今まで以上に活躍の場も多くなると思います。

専門看護師の待遇違い

専門看護師の平均給与は27万円(20代~40代の専門看護師)前後といわれています。

資格手当(数千円~2万円程度)がつくことで、総手取額が増えるケースが多いです。

専門医療機関(ガンの特化の病院など)であれば、その病院に合った専門看護師に対する昇給や昇進の可能性は高くなると思います。

専門看護師の方が担う役割範囲が広い

専門看護師に求められる役割は認定看護師より多いです。

認定看護師

相談:看護という仕事に従事する人に対するコンサルテーション。

指導:看護実践を通して後輩の看護師に指導・教育をおこなう。

実践:熟練した看護技術を持ち、高い水準の看護ケアができる

専門看護師

相談:看護という仕事に従事する人に対する相談

実践:熟練した看護技術を持ち、高い水準の看護ケアができる

教育:看護従事者に対し、技術向上を目的とした教育的役割を果たす

調整:必要なケアを円滑におこなうために保健医療福祉に関わる人員のコーディネートをおこなう

倫理調整:患者さんやその家族の権利を守るために倫理的な問題や葛藤の解決を図る

研究:専門知識や技術を向上させるために研究活動をおこなう

※認定看護師の場合の流れ

認定看護師になるためには、看護師免許取得と5年以上の実務研修のほか、認定看護師教育機関で6ヶ月間学ぶ必要があります。

1. 看護師免許を持っていること
2. 看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)
3. 認定看護師教育機関(課程)修了(6ヶ月・615時間以上)
4. 認定審査(筆記試験)
5. 認定看護師認定証交付・登録
6. 5年ごとに更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)

すでに医療機関で働いている看護師さんの場合、6ヶ月の間、仕事を休職するため仕事を6ヶ月間どうすればいいかを検討する必要があります。医療機関によっては、教育機関での費用を何割か支給されたりなど福利厚生があるためキャリアアップを狙い転職するのも手です

転職するならこの転職サイトで!看護師がおすすめ転職サイト 3選

第1位:ナースではたらこ











【ナースではたらこ】は、TVでCM中アルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。
電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚い。
楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しています。

厚生労働省による、医療・介護分野における「適正な有料職業紹介事業者」にも認定され、2022年オリコン顧客満足度調査では看護師転職の分野で1位に選ばれるなど、サポートの質の高さが評価されています。

履歴書やPRの書き方、面接対策などの情報も得ることができます。
求人数合計9万4332件(2022年5月時点)
取り扱い施設診療所・クリニック、介護施設、デイサービス・デイケア、訪問入浴、老健、老人ホーム、グループホーム、産業・企業、保育園・幼稚園その他
受付時間24時間受付
非公開求人あり
総合評価★★★★

第2位:看護のお仕事











【看護のお仕事】年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

日本最大級の求人数を誇る、看護師専門の転職サイトです。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。
事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。

求人数合計12万333件
取り扱い施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センターなど
受付時間9:00〜21:00(土日祝除く
非公開求人あり
総合評価★★★★

第3位:マイナビ看護師











マイナビ看護師は、転職サイト「マイナビ」が運営する看護師に特化した求人サイトです。看護師向けの転職セミナーを随時開催しているため、気になった人はまずはセミナーに参加するのも良いでしょう。
一人ひとりにプロのキャリアアドバイザーがつき、履歴書の書き方・面接対策から条件確認や退職交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

職場の人間関係や雰囲気、人員体制など求職者の方が調べにくい情報もすべて共有してくれるため、転職後のミスマッチが少なくなります。

求人数合計5万2243件
取り扱い施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連企業、保育施設、その他
受付時間9:30〜17:00(土日祝除く)
非公開求人あり
総合評価★★★★

転職しない方が良い場合も!?

逆に転職しないほうが良い場合もあります。大きい総合病院に勤めている
『将来認定看護師をとりたい』と思っている方は、転職しない方が良いです。

理由は、福利厚生に『認定看護師を目指す看護師への支援』が含まれている可能性があるからです。

将来認定看護師を目指すのなら、福利厚生を賢く使って認定看護師をとってから自分の希望する病院に転職を進めます。

サッシー

要するに、自分の将来の目的(きっかけ)で転職するのが一番ベストなタイミングだと思います。

将来の目的がない方は、できるまでまだ転職はおすすめはしません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください