看護学生

看護師国家試験の勉強に音楽ってどうなの?

さっしー

みなさん看護師国家試験の勉強すすんでいますか?進まない方はリフレッシュがてらに見てくれると嬉しいです。

今回は勉強中に音楽を聴くメリットとデメリットについてです。

音楽聴きながら勉強すると勉強は、はかどるかはみなさんも一度は思ったことがあると思います。

受験生なら誰でも、常に集中力を高めて勉強に取り組みたいと考えるのは当然です。

しかし、人によって勉強に集中しやすい環境は異なり、無音の環境の方が勉強しやすいという人もいれば、ある程度の雑音がある中で勉強する方が集中しやすいという人もいると思います

心理学的な観点や個人的な感想も含めて紹介していこうと思います。

勉強中に音楽を聴くメリット

落ち着いて勉強できる

これは、オルゴールなどのゆっくりとした音楽を聴くと、脳内で「セロトニン(幸せホルモン)」と呼ばれる物質が多く分泌されるためです。セロトニンの分泌が促されると、落ち着いた状態でリラックスできます。

眠くならないように注意です

テンションを上げる

勉強は人によると思いますが嫌な方がほとんどだと思います。そんな嫌な気持ちを変えてテンションを上げて勉強に向かうことができます。

人間は興奮状態になるとドーパミンの分泌が促され、物事に対する意欲が高まります。

周囲が気にならない

周りから聞こえる話し声や雑音により集中力が低下するのは、それぞれ異なる情報が耳に届き、脳が処理しようとします。

しかしヘッドフォンやイヤホンで音楽を聴くと、話し声や雑音は遮断され、自分が好きな音楽しか聴こえなくなります。勉強に集中しやすい環境をつくれるのです。

これは音楽のマスキング効果ともいわれており、音楽以外の情報がすべて遮断されると集中力が爆上がりする人もいます。

中学の頃の担任の先生は、成績がすごく良い友人がいたみたいですが、その人は勉強中必ず音楽を聴いていたそうです。

勉強中に音楽を聴くデメリット

本番の試験では無音

勉強中に音楽を聴いてる環境に慣れていると本番の無音の空間では、集中できない可能性があります。

当然ながら、実際の入試では音楽は流れていません。普段勉強している環境と大きく異なる環境では、本来の実力を発揮できないでしょう。

音楽に依存しないように注意しましょう。

歌詞ついている曲は逆効果

日本語の歌詞がある曲は耳に残りやすいものです。歌詞のある音楽は自然と言葉が耳に入ってくるため、それに気を取られて集中できなくなります。

初めて聴く洋楽や、ジャズやボサノバなど、日本語の歌詞が気にならないジャンルの曲を選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

国家試験の勉強は範囲も広いですし、長期間の学習を続けなくてはいけません。そのためたまに気分転換に音楽を聴きながら勉強をしてみるといいかもしれません。

その際には、聴き慣れている音楽の方が気にならなくていいみたいですね。

勉強方法は様々ですし、人によって向き不向きはありますし是非一度試してみてください。

ちなみに私は学生時代いつもテンションを上げるために音楽を聴きながら勉強をしてました。笑

質問や意見等ありましたらコメントにてお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください