看護師

【実話】新人看護師。病院を2ヶ月で退職した話

こんにちは。

今回は私が新卒で勤めた病院を2ヶ月
で退職した話を書きたいと思います。

皆さんはそんなことにならないように、参考にしてください笑

ちなみにもう一人の運営者は
こちらの人生です。

どんな病院に
勤めていたの?

まずは、私がどんな病院に
勤めていたのか簡単に紹介します。

私の初めての印象は、
病院がビルみたいだ!です笑

10階以上の階層があり、
すっごいたくさんの診療科がありました。

最上階にはVIPルームもあり、
聞いた話では芸能人もたくさん
利用してたみたいです😏

看護師の同期は50人以上、
他職種も合わせると200人
くらいになります。

同期に聞いたところによると、
就職のハードルが高くその地域では
レベルの高い病院とのことでした。

常に病院のどこかを工事していて、
すごい資金のある病院なんだと思いました。

なんで辞めたの?

では、なぜ私がたった2ヶ月で
退職してしまったのか。。

それには3つの理由があります。

1つ目

1つ目は、ホームシックです笑

私は就職するまでずっと実家暮らしで、
初の一人暮らしの寂しさに耐えることが
できませんでした。。

何をしても1人だし、
友達と遊んだとしてもその寂しさは
埋まりませんでした。

退職までの2ヶ月の間に
3回も帰省しました。笑

1人になって私は誰かと一緒に居ないと
ダメなんだな、と気づきました。笑

2つ目

二つ目の理由は体調不良です。

大病院ならではの勤務のスピード感
仕事量の多さで、休憩もほぼなく
残業も毎日当たり前の環境でした。

1年目という事もあり
家に帰っても勉強をして、寝るのは深夜

さらに、自炊が得意ではなかった
私はいつもコンビニのご飯
食べていました。

そんな生活を続けていると、肌も荒れ
毎日謎の腹痛病院に行くと吐き気
催すようになりました。

今考えると、
自分が疲れていることに自分で
気づけていませんでした

3つ目

3つ目は、私の自己管理能力の低下です。

2つ目の理由で述べたように、
心身共に疲れ切っていた私はありえない
ミスをします。

なんと、
シフトを間違えて無断欠勤
してしまいます。

しかも2回も。

社会人としてありえないミスですね。。

一度の遅刻でも信用を失ってしまう社会で、故意では無いにしろ
2度も無断欠勤をしてしまったんです。

それから、周りの目は冷ややかなものになり、上司から叱責される回数も増えました。

その結果

心身ともに最低レベルまで落ち込んだ私は、遂に出勤できなくなりました

ベッドから起きられなくなり
常に吐き気がしていました。

思考もどんどん悪い方に傾いていって、
なんで自分がここにいるのか
わからなくなりました。

そんな中僕の状況を聞いた
家族や友達に相談し、退職する意思
を固めました。

師長さんや副看護部長さんと面談して、
自主退職という形で病院を
去ることとなりました。

『辛い時は、やめていい』看護師のやめ方と退職について 『看護師になったけど、合わない。』『先輩から陰口を言われて、 職場におりづらい。』『精神的に追い詰められて、つらい。』 ...

まとめ

以上が私が退職するまでの流れです。

たった2ヶ月でしたが、私にとっては長すぎる2ヶ月でした。

皆さんがこんな思いをしないでいいことを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問等ありましたら、コメントにてお願いします。

それでは、今日も1日お疲れさまでした。

最後に

Youtubeで国家試験の問題解説中

実は看護学生の就職のお手伝いもしています。また、国家試験の勉強のサポートと
講義もしています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: r86cCX8tjfVp4kF1600095171_1600095495.png

『今だけ限定で』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: おすすめ-2.png

の全額保証サービスも行っています!

興味がある方は下記の問い合わせより
ご連絡お待ちしています!
こちらから

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください