看護師

新人看護師が病院を2ヶ月で退職した話 〜実話〜

お局看護師

あの新人看護師。仕事もできない、生意気でムカつく。この病棟に合ってないんじゃない?

新人看護師は人間関係で悩むことが多く、嫌な先輩からパワハラのような発言も言われた方もいると思います。

入職後、数ヶ月で辞めて次の就職先見つかるか不安。

すぐに辞めてもいいかわからない。辞め方もわからない。

同じ状況の人がいるか知りたい

など悩みを抱えている新人看護師に参考になる記事です。今回は、新人看護師が2ヶ月で退職した話です。

新人の離職率は7.8%?

2020年に日本看護協会が公開しているデータによると、 新人看護師の離職率は7.8%でした。(参考:日本看護協会|2019 年 病院看護実態調査)毎年約5万人の方が資格を取得して看護師になるため、約12人に1人が新人のときに辞めているという計算になります。離職率の高さからも、看護師の仕事がハードであり、転職を考える人が珍しくないです。

新人看護師側が悪い原因の方が少ない!?

新人看護師が辞める原因として本人が悪い要因としては、

・就業規則違反(遅刻、無断欠席、仕事しないなど)

・履歴書の虚偽の発覚

など

だと思います。しかし本人以外病院側や病棟、特定の同僚などの要因は、

いじめ(新人看護師の陰口を聴こえるように言う、指導の際に嫌味を言う、悪口を言う、)

・ハラスメント(パワハラなど)

・新人教育システムが曖昧。

・新人看護師同士を比べ出来の悪い子を責める

・残業手当がつかない

・人手不足で過剰労働

・医療事故が不安 など

Twitterやネットの記事を見る限りでは、やはり新人看護師の辞める要因より先輩看護師や師長、主任が原因が多いように見受けられます。

学生からいきなり社会人に適応できる方が珍しい。

新人看護師は、ほんの数ヶ月前までは、大学生・専門学生で生活していた人です。実習をしているからと言って、すぐ看護師の生活としてなじめるわけありません。学生と社会人のギャップに徐々に慣れていきます。そのギャップについて目を逸らさずに上司になる先輩看護師や師長、主任は知っておくべきだと思います。

新人看護師が2ヶ月で退職した話

どんな病院に勤めていたのか簡単に紹介します。初めての印象は、病院がビルみたいだ!です笑10階以上の階層があり、すっごいたくさんの診療科がありました。最上階にはVIPルームもあり、聞いた話では芸能人もたくさん利用してたみたいです。看護師の同期は50人以上、他職種も合わせると200人くらいになります。

同期に聞いたところによると、就職のハードルが高くその地域ではレベルの高い病院とのことでした。常に病院のどこかを工事していて、すごい資金のある病院なんだと思いました。

なぜ2ヶ月で辞めたのか理由を解説

では、なぜ私がたった2ヶ月で退職してしまったのか。。それには3つの理由があります。

①ームシックでの寂しさ

②気づかぬうちに体調不良

③シフトを間違えて無断欠勤

①ホームシックでの寂しさ

私は就職するまでずっと実家暮らしで、初の一人暮らしの寂しさに耐えることが
できませんでした。。何をしても1人だし、友達と遊んだとしてもその寂しさは埋まりませんでした。

退職までの2ヶ月の間に3回も帰省しました。1人になって私は誰かと一緒に居ないとダメなんだな、と気づきました。

気づかぬうちに体調不良

大病院ならではの勤務のスピード感仕事量の多さで、休憩もほぼなく残業も毎日当たり前の環境でした。1年目という事もあり家に帰っても勉強をして、寝るのは深夜。さらに、自炊が得意ではなかった私はいつもコンビニのご飯を食べていました。そんな生活を続けていると、肌も荒れ毎日謎の腹痛病院に行くと吐き気を催すようになりました。

今考えると、自分が疲れていることに自分で気づけていませんでした

③シフトを間違えて無断欠勤

2つ目の理由で述べたように、心身共に疲れ切っていた私はありえないミスをします。なんと、
シフトを間違えて無断欠勤をしてしまいます。社会人としてありえないミスですね。。1度の遅刻でも信用を失ってしまう社会で、故意では無いにしろ2度も無断欠勤をしてしまったんです。それから、周りの目は冷ややかなものになり、上司から叱責される回数も増えました。

その結果、心身ともに疲弊してしまった

心身ともに最低レベルまで落ち込んだ私は、遂に出勤できなくなりましたベッドから起きられなくなり、常に吐き気がしていました。思考もどんどん悪い方に傾いていって、なんで自分がここにいるのかわからなくなりました。そんな中僕の状況を聞いた家族や友達に相談し、退職する意思を固めました。

師長さんや副看護部長さんと面談して、『あなたは、この病棟に合わないから辞めた方がいいよ』と言われ自主退職という形で病院を去ることとなりました。

新人看護師が辞める理由と対処法 3選

①いじめやいやがらせ

新人看護師がされるいじめ

・無視される・仕事を教えてもらえない・自分だけミスして叱られる

辛い状況下で、「仕事を頑張ろう」という気持ちよりも「辞めたい」という気持ちが勝ってしまうのは無理のないことだと思います。

病院や施設でいじめや嫌がらせにあっている人は、いじめかな?と思っている人は、必ず今すぐに対処しましょう。理由は、あなた自身の心と身体に限界が来てしまうからです。

僕の後輩も、心身が病んでしまい今も精神科に通院しております。いじめや嫌がらせの有効な対処方のひとつとして、配置や部署の変更を申し出ることも可能です。

また、思いきって転職することも視野に入れましょう。転職で人生が変わります。

②人手不足のための過重な労働

医療業界は、常に人手が足りず、1人あたりの仕事量が多くなってしまうことで辞めてしまう人もいます。

人手不足だと、休みたくても休みが取れないということも多いでしょう。「過重な労働に、休みも取れない…」となると、心身共に弱ってしまいます。

新人の中には、教育もあまりないまま夜勤導入。看護技術全般も大雑把に教えられて独り立ちというのもあるそうです。

人手不足で重労働ではありますが、忙しい方が良い人もいますが、そうではない人は病棟の移動、転職にも踏み切っても良いと思います。忙しい病棟では有給もとれないので心身が病まないようにしてください。

③教育不足で仕事についていけない

教育不足が原因で仕事についていけないことも、辞める要因の一つです。人手不足の病院では、新人に対して業務を教える時間が確保できない場合もあります。他にも、プリセプターや病院の方針によっては、「教えなくてもできるようになれ」という姿勢のところもあります。教育不足のため、仕事についていけず辞めたくなるのです。教えてもらっていないのに「そんなこともわからないの?」と言われたり、自分で考えて行動すると「勝手なことをしないで」と怒られたりすることに、戸惑う看護師も多いです。

教育してくれない病院にいても、看護師としてのスキルアップが遅くなるだけです。新人看護師の育成に力をいれている病院は、たくさんあります。教育環境が整っている病院を効率よく探したいかたは、『ガチでおすすめ看護師転職サイト 3選』を参考にしてください。

もう病院に行きたくないけど、退職したい人の退職方法

【退職代行ガーディアン】が労働組合法人が退職代行を行うサービスです。

ポイント

難易度の高いケースでも退職実績があり、なかなか辞めさせてもらえない場合でも組合が団体交渉して依頼者を守ります。料金は一律で、雇用形態・地域・年齢などで変わる事はありません。

・会社とのやりとりは全てガーディアンにお任せできます。退職届や貸与品の返却も郵送で行われるので、上司への連絡は一切不要です。依頼しようか迷っている方は、LINEで気軽に相談することが可能です。

詳細こちら→【退職代行ガーディアン】

もしもの場合は転職も視野にいれて!

結論をいいますと、将来の目的で転職するのが、看護師として転職するタイミング

将来の目的(きっかけ)とは、

・将来的に知識をつけて認定看護師をとりたい。
・今より楽で給料の良い所がいい。
・看護師以外で稼いでいきたい。
・美容系にいきたい。
・フリーランスで、たまに看護師のバイトに行くぐらいでよい。
・専業主婦でやっていくから働きたくない

・企業のメーカーで働く看護師で働きたい。

などなど看護師の働き方は一つではありません。

ただ転職のタイミングは、自分の将来のことを考えそれに見据えた職場を探して就職すること。

例えば、大きい病院に勤めている2年目の看護師が『今より給料の良い所がいい!』と
思っていたらすぐに転職するべきです。2年目の看護師でも転職して現職場よりも多くの給料をもらえる職場はいっぱいあります。

ちなみに僕は2年目で転職をして前職に手取りが19万円ほどでしたが今は手取り30万円ほど上がりました。

転職するならこの転職サイトで!看護師がおすすめ転職サイト 3選

第1位:ナースではたらこ











【ナースではたらこ】は、TVでCM中アルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。
電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚い。
楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しています。

厚生労働省による、医療・介護分野における「適正な有料職業紹介事業者」にも認定され、2022年オリコン顧客満足度調査では看護師転職の分野で1位に選ばれるなど、サポートの質の高さが評価されています。

履歴書やPRの書き方、面接対策などの情報も得ることができます。
求人数合計9万4332件(2022年5月時点)
取り扱い施設診療所・クリニック、介護施設、デイサービス・デイケア、訪問入浴、老健、老人ホーム、グループホーム、産業・企業、保育園・幼稚園その他
受付時間24時間受付
非公開求人あり
総合評価★★★★

第2位:看護のお仕事











【看護のお仕事】年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

日本最大級の求人数を誇る、看護師専門の転職サイトです。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。
事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。

求人数合計12万333件
取り扱い施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センターなど
受付時間9:00〜21:00(土日祝除く
非公開求人あり
総合評価★★★★

第3位:マイナビ看護師











マイナビ看護師は、転職サイト「マイナビ」が運営する看護師に特化した求人サイトです。看護師向けの転職セミナーを随時開催しているため、気になった人はまずはセミナーに参加するのも良いでしょう。
一人ひとりにプロのキャリアアドバイザーがつき、履歴書の書き方・面接対策から条件確認や退職交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

職場の人間関係や雰囲気、人員体制など求職者の方が調べにくい情報もすべて共有してくれるため、転職後のミスマッチが少なくなります。

求人数合計5万2243件
取り扱い施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連企業、保育施設、その他
受付時間9:30〜17:00(土日祝除く)
非公開求人あり
総合評価★★★★

転職しない方が良い場合も!?

逆に転職しないほうが良い場合もあります。大きい総合病院に勤めている
『将来認定看護師をとりたい』と思っている方は、転職しない方が良いです。

理由は、福利厚生に『認定看護師を目指す看護師への支援』が含まれている可能性があるからです。

将来認定看護師を目指すのなら、福利厚生を賢く使って認定看護師をとってから自分の希望する病院に転職を進めます。

サッシー

要するに、自分の将来の目的(きっかけ)で転職するのが一番ベストなタイミングだと思います。

将来の目的がない方は、できるまでまだ転職はおすすめはしません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください