看護学生

看護師年収高いランキング 都道府県別

あなた

遠方で働いている看護師の方が給料高くない?都道府県によって違うの?

看護師は、『一般に人から見れば給料が高い』と言われていますが看護師からすれば『低い』ですよね。都道府県によって看護師の年収は結構変わってきます。自分が就職しているところが、どれぐらいの平均給料か確認して、他県に就職・転職するのも将来的にはありだと思います。

こんな人におすすめの記事になります。

将来的には、遠方で働きたい

都道府県別の看護師の給料が知りたい。

転職を考えている

昔の看護師の平均年収

昭和後期から平成初頭にかけて、看護師の平均年収は

おおむね430万円

で、ほとんど横ばいの状態が続いています。その金額が約450万円まで上昇したのは1993年(平成5年)また再び横ばい状態が続いています。

現在の看護師の平均年収

現在看護師の平均年収(平均年齢約41歳)

約491万円

※夜勤手当て、ボーナス、残業代などを含めての金額になります。

それに比べ新人の平均年収は低く

約300万円以下か同等

新人看護師の初任給は21万円程度が相場。となります。看護師は能力給や年次昇給(年齢重ねることで、給料が高くなる)が大きく関わってくるので一概には言えませんが、おおよその目安ですね。

アルバイト・パートや派遣社員では平均時給が1200円、1700円となっています。

看護師の昇級率は悪い!?

看護師は、やはり年次昇級(年齢を重ねる度に給料が上がる)の側面が強いですが、他の医療職種(薬剤師。検査技師、理学療法士)より悪いと言われています。その一つの原因として挙げられるのが、看護部の管理職(主任、師長、看護部長)などの

ポストの数が少なさが挙げられます。

日本看護協会は、職務や役割ごとに複数の等級を設けて賃金を決める方法を提案しています。

大きい病院ではこの複数の階級に設けて賃金を決めているところが多いです

目的としては、専門職としてやりがいや充実感を持ち、長く働き続けられるようにするためだと思います。今後の看護協会などの動向によってさらに変化することも考えられます。

都道府県別看護師平均年収ランキング

順位都道府県平均年収
1位岐阜約543万円
2位滋賀約536万円
3位千葉約522万円
4位栃木約520万円
5位静岡約519万円
6位神奈川約517万円
7位和歌山約514万円
8位奈良約511万円
9位東京約509万円
10位茨城約508万円
11位北海道約499万円
12位福井約496万円
13位三重約495万円
14位兵庫約494万円
15位愛知約494万円
16位鳥取約493万円
17位埼玉約490万円
18位大阪約489万円
19位京都約489万円
20位徳島約484万円
21位岩手約475万円
22位香川約475万円
23位新潟約473万円
24位佐賀約473万円
25位石川約468万円
26位秋田約466万円
27位群馬約466万円
28位長野約465万円
29位富山約463万円
30位岡山約462万円
31位福岡約460万円
32位広島約456万円
33位沖縄約455万円
34位長崎約452万円
35位山梨約449万円
36位愛媛約448万円
37位島根約447万円
38位山口約442万円
39位宮城約442万円
40位山形約441万円
41位高知約437万円
42位熊本約430万円
43位青森約417万円
44位福島約417万円
45位鹿児島約417万円
46位大分約416万円
47位宮崎約391万円

1位と47位は
100万円以上の差が!

看護師の年収の上位には、首都圏や東海地方関西地方で高い傾向が見られます。

関東地方は、看護師の給与水準が高い地域です。看護師の平均年収が上位の千葉をはじめ、茨城、栃木、東京、神奈川で500万円を超えています。また1位の岐阜県と47位の宮崎県では、平均年収に100万円以上の差があります。

地域差がなぜあるか理由

①『人口あたりの看護師数が多い都道府県は、平均月収が低い』

一概にはどれが要因かわかりませんが、と思われます。人口あたりの看護師数が少ないと、看護師の早期離職などの対策として給料をあげている可能性もあります。

②物価の基準が都市部は高い

平均月収が多い関東地域では、他の都道府県に比べてそもそもの物価が高くなってます。(わかりやすいのが、最低賃金の差)などまたクリニックなどの小さい病院では、クリニックの物件・テナントを購入か家賃を払わないといけないので、地域の不動産の相場によって変わってくると思います。

最終的に、就職先の給料で決まる。

都道府県別に給料のランキングについて紹介しましたが、結局は就職場所で決まります。給与、手当、勤務時間、勤務交代、など就職先によってさまざまです。今現在ご自身が働いているところと今後働きたいところを比較して転職も視野にいれておくと良いと思います。

看護師がガチでおすすめする転職サイト 3選

第1位:ナースではたらこ











【ナースではたらこ】は、TVでCM中アルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。
電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚い。
楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しています。

厚生労働省による、医療・介護分野における「適正な有料職業紹介事業者」にも認定され、2022年オリコン顧客満足度調査では看護師転職の分野で1位に選ばれるなど、サポートの質の高さが評価されています。

履歴書やPRの書き方、面接対策などの情報も得ることができます。
求人数合計9万4332件(2022年5月時点)
取り扱い施設診療所・クリニック、介護施設、デイサービス・デイケア、訪問入浴、老健、老人ホーム、グループホーム、産業・企業、保育園・幼稚園その他
受付時間24時間受付
非公開求人あり
総合評価★★★★

第2位:看護のお仕事











【看護のお仕事】年間4,000回を超える訪問取材を実施して働きやすい職場を紹介してくれます。

日本最大級の求人数を誇る、看護師専門の転職サイトです。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。
事前のヒアリングにより自分に合った求人情報が届きます。求人情報はメールのほかにLINEでも受け取り可能です。
多数の非公開求人を含む約12万件の求人数のなかからあなたにあった転職先を見つけてくれます。

求人数合計12万333件
取り扱い施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センターなど
受付時間9:00〜21:00(土日祝除く
非公開求人あり
総合評価★★★★

第3位:マイナビ看護師











マイナビ看護師は、転職サイト「マイナビ」が運営する看護師に特化した求人サイトです。看護師向けの転職セミナーを随時開催しているため、気になった人はまずはセミナーに参加するのも良いでしょう。
一人ひとりにプロのキャリアアドバイザーがつき、履歴書の書き方・面接対策から条件確認や退職交渉まで、徹底的にサポートしてくれます。

職場の人間関係や雰囲気、人員体制など求職者の方が調べにくい情報もすべて共有してくれるため、転職後のミスマッチが少なくなります。

求人数合計5万2243件
取り扱い施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連企業、保育施設、その他
受付時間9:30〜17:00(土日祝除く)
非公開求人あり
総合評価★★★★

転職しない方が良い場合も!?

逆に転職しないほうが良い場合もあります。大きい総合病院に勤めている
『将来認定看護師をとりたい』と思っている方は、転職しない方が良いです。

理由は、福利厚生に『認定看護師を目指す看護師への支援』が含まれている可能性があるからです。

将来認定看護師を目指すのなら、福利厚生を賢く使って認定看護師をとってから自分の希望する病院に転職を進めます。

サッシー

要するに、自分の将来の目的(きっかけ)で転職するのが一番ベストなタイミングだと思います。

将来の目的がない方は、できるまでまだ転職はおすすめはしません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください